腰回り、デリケートゾーンの吹き出物対策。ワコール「ふんどしNEXT」

多くの人がパンツをはいていると思う。

それについて疑う余地もなかった。しかし何でも前提から疑ってみた方いい訳である。

パンツを履かない選択肢もないだろうかと。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

体をきれいにして健康になりたい

太っていた35年間。そこから痩せ初めての9年間。

ずっと吹き出物との戦いである。

吹き出物、困ったな、と思い半ば自分の一部としてずっと付き合ってきた。

しかし痩せたら大幅に改善した。太ってるから悪化するのである。

痩せた後も、背中と胸の夏場の吹き出物に悩んでいた。

しかしそれも解決した。

アイスコーヒーとビール、吹き出物の人生から降りる

しかし、下半身のデリケートゾーン、太もも、おしり、腰回りには、根がしっかりとした吹き出物が残っていた。

ひどい状態が長いのでそういうもんだと思っていた。自分で風呂の時しか見ないので気にならなかったのもある。

季節の変わり目でウェストの周りに出来て痛くて。

「ちょっと待てよ、これって病気なんじゃないかな?」

と思ったのである。

ずっとそうだから考えてこなかったけど、これは皮膚性疾患ではないかと。

生活習慣病だろうと考え、東洋医学的に全体で直していきたいと決意。

十味敗毒湯

皮膚周りに毒がたまっているのだろう、と。

それを排出する漢方に切り替える。

ちょうど防風通聖散をやめたいタイミングだったので買い換えてちょっとトライ中である。

添加物や、たばこ、お酒、珈琲などの強烈なものを長くとってきた。

さらに油っぽいものや、糖質なども大好きで今もとり続けている。

これらのゴミや不要分が肌の中に残っているのは間違いない。

排出、ターンオーバーを健康にすすめていきたいということで飲み始める。

3日程度飲んで、お通じがよくなったような気がする。

肌はむしろ吹き出物が増えた。めんげん、と呼ばれる好転反応ではないかと思っている。

寝るときにパンツをはかない

なにごとも始めると凝り性なもので、

記録のために、裸になって全身をくまなく撮影してみた。

それを拡大して自分の背中、おしりをチェックしながら問題を分析していた。

肌着のシャツをやめて、胸のニキビ、吹き出物がなくなった成功体験がある。

よくよく見てると、

「パンツで隠れてる部分、ズボンのウェストで締め付けてる部分、座って椅子にぶつかる部分に吹き出物がある」

ということに気がついた。

当たり前だけど、スレ、ムレが良くないんだろうなと。

リンパの動きが過剰で吹き出物になる、そこが傷つけられていると判断するのだろう。

その状態を無くしてあげる必要がある。

というわけで

「ずっと、パンツ履いてきたけど。パンツをはかない人生というのもあるだろう」

と決心してパンツをはかないでパジャマを着てねる。

その結果、ふとももの吹き出物が改善したのである。

これはもしかするぞ、と思う。

ノーパンではパジャマがすぐ汚れる

やっぱり、パンツには意味があるんですよ。

パジャマを毎日洗う必要が出てちょっとめんどくさいのである。

ノーパンはやっぱり、こりゃ手間的にだめだ、と判断する。

ノーパンのようなパンツが必要なのだ。

といって、代用品を探し始め出会ったのがこちらである。

ふんどしNEXT

ポリエステルだけど、シルクのような肌触りで気持ちがいい。

そしてまったく締め付けない。

そういうコンセプトなのでウエストのゴムもゆるめである。

お尻にも太ももにも、常時布は触れない。

ゆるくて通気性抜群でありさらっとする。

そして布によるスレも起こりにくい。ふんどしなので、太ももの部分に布が無いの。そのため太ももの外側にスレる事がない。

当たり前にパンツをはいていた時は、ムレとスレ、締め付けに悩まされていたのだ、と理解した。

西武デパートで購入して税込みで3000円くらいであった。

元々モンベルのジオラインのパンツ(2500円程度)をはいてたので、たいした追加投資ではなかった。