朝活YouTubeLiveのアンケートおねがいします

勝手にライバル視して「輝き度合い」で勝負する|2024年1月14日【週間ダイジェスト】

神椿スタジオがプロデュースするバーチャルアーティストの花譜とそのグループであるV.W.P(Virtual Witch Phenomenon)のワンマンライブ「神椿代々木決戦見二〇二四」を観てきた。

しっかりと世界観構築されていて、また2022年夏の武道館で見た花譜のワンマンの時よりも演出もスケールアップしてカッコよかった。

もう20年近くの親交があるちょっと先輩のそのプロデューサーのことを勝手にライバルだと思っている。

しかし実際は、私は勝ち越したことは無く、肉薄したこともないかもしれない。

武道館の時もガーンと頭を鈍器で思いっきり殴られたような衝撃だったし、今回もたくさんのお客さんの熱狂を見て

「あー、なんだかすごく離されてしまった」とレース中の絶望のような感じを味わって帰ってきた。

勝手にライバル視しつつ、勝負の尺度は「輝いているか」である。

そもそもその人は、大物プロデューサーであって客観的に見たら、私は勝負の土俵に立っていないのかもしれないが、まあそんなことは関係ないのである。

自分の中でそのライバルに照準を合わせて、どこか自分なりに戦って勝てるポイントはないか、と自分の戦略に取り入れていくわけである。

規模も、手法も、狙っている方向、大切にしていること、それらが全て違っているのだから、単純に比較することはできない。

しかし「今、充実し輝いているか」という尺度は共通していて本人たちにはわかるものである。

その「輝いているか」において負けていると「うむ、俺は負けている」と認識できるのである。

自分が何を武器に戦っているのかを定義しよう

私は、2022年の夏にライバルの武道館公演を見に行ったことと、その年末にブログを始めたことには明らかに関係があるだろう。

ブログでの発信を始めるに当たって、自分なりのクリエイティブの方向をガラッと変えて、自分を表に出して作っていく覚悟を持ち、セルフプロデュース、セルフビルド、セルフパフォーマンスをテーマに進めている。

それらが一つの形になって磨かれれば、肉薄して輝きで戦えるかもしれない、とシミュレーションしてみる。セルフに限らなくてもいいかもしれない、チームでのクリエイティブの可能性もある、それに挑戦してもいいかもしれない。そんな風に、ライバルを想定することで「自分ならどう輝いて戦えるだろうか」をシミュレーションするきっかけになる。

みなさんも、

ちょっと(ものすごく?)先を行きながら輝いている人を、

ライバル視するのがおすすめです。

月曜日

ブログ「大きな違いは不要、小さい商売は「ちょっとした違い」で十分

火曜日

ブログ「自分の機嫌は自分でとる

YouTube「iPhone iPadだけじゃなく、Androidも試してみたよ

水曜日

ブログ「広告、宣伝、マーケティングと素直な記事の問題

YouTube「長い休み明けの溜まった仕事をどうすればいいか

木曜日

ブログ「小規模である強み

YouTube「手切れ金を払ってでも、やめてみようよ

金曜日

ブログ「集中が主流だからこそ分散に挑戦する

YouTube「vlog|久しぶりの音出し|音楽やってみようよ

土曜日

ブログ「依存から自立へと発展させる