営業はタイミング次第でよろこばれる

一人社長のクレジットカードの選び方について先日記事にしたが、

セゾンコバルトアメックスカードをつくったのである。

その理由は年会費無料だから。

1人社長の法人クレジットカードの選び方

2ヶ月くらい利用したところで、データ取り込みも、セキュリティ認証もまあこんなもんかなと慣れてきた頃、自宅にダイレクトメールが届く。

もちろんダイレクトメールなど見ないで捨てるし、大嫌いなアプローチである。

しかしふと目にすると、スペシャルオファーの文字。

1円でも利用すれば本来11000円かかる年会費が翌年も無料との文字。

年会費が11000円かかって、ポイント二倍でもどうでもいいと思っていた。

しかし今申し込めば、年に1円でも使えば年会費無料、それでポイント2倍ならおいしい。

元々クレカ1枚主義なので、1円以上なら絶対に使うだろうということで申し込んでしまった。

お得な提案になっているか?

何がお得として響くかはお客さんにとってマチマチだろう。

私は「年会費がかかるカードが嫌」なお客さんなのである。

ポイントがめちゃめちゃついたとしても、年会費がかかるのが嫌なのである。

年会費よりもポイントの方が上回りますよ、と言われても嫌なのである。

今回はたまたま、私にとってお得な提案になっていた。

いいタイミングで届ける

前のカードをそれなりにつかって、大丈夫そうだなと思ったそのタイミングに

もっとお得そうな提案だったので、のっかることにした。

このタイミングが1ヶ月はやったから、未検証だったのでそのままゴミ箱いきだっただろう。

また、すべてのクレジットカード決済を整理して切り換えている途中だった。

なので、残りの決済も切り換えることを考えると、ここで新カードでも手間は同じだなと思った。

むしろ、切り換えしやすい段取りがついてきたところだったので、

もう一度切り換えることへの心理的負担は小さかった。

営業は必ず嫌がられるものではない

営業というと、必ず嫌がられるものと思って、

自分からの売り込みに躊躇する人がいるが、

相手にとって便利でお得なものを、相手にとって助かるタイミングでとどけると感謝される。

そんなに怖がるものではない。

すべてはタイミングである。

私も経験上、「ちょうど鈴木さんからの連絡を待ってました」と言われて喜ばれたことはたくさんある。

新しく、面白いプロモーションを何か仕掛けたくて、

困っている、手が回ってない、などの人は多い。

その時に、私からの連絡は渡りに舟だったのである。

恐れずに、相手のタイミングを鑑みて、営業してあげるのが双方ハッピーなのである。