南紀白浜トライアスロン2024無事完走(運動が苦手だった人のトライアスロンシリーズ)

さて無事に南紀白浜トライアスロン2024完走できました。

前日入りの様子はこちら。

トライアスロンって前日入りして何をするの?南紀白浜トライアスロン2024
この記事を書いた人

誰もが皆アーティストである。だから勇気を出してやってみようよ。毎日発信を続ける朝活YouTuber鈴木ひろおが2022年12月より毎日連載でお送りしています。

メルマガ 「40代男性、居場所がない人への処方箋」集中連載中!作家兼プロデューサー、絵描き兼カメラマン、ベーシスト兼ドラマー、フルマラソンランナーでトライアスリート。

朝から雨のスタート

夜明け前から雨が降り始めスイムスタート時は小雨、すでに寒く。

海に入ってる方が暖かいくらい。

しかし、海の中は雨でも透明度が高く非常に快適。

こんなに気持ちいい海で泳いだのははじめてです。

1700メートル泳ぎましたが、気持ち良く終わりました。

レンタルしてきたウェットスーツがすごく快適だったと言うのもあります。

(徳之島もまた借りることにしました。)

バイクスタート時点すでに大雨

シューズやトランジションバッグもびしょびしょです。

さて靴を履き替えて出発と言うところで、

ゴミ袋を配っていて、さむかったら被ってください、とのこと。

これは救いや!と思いいただいて手と首のところを慌てながら

歯で食いちぎって穴をあけて着る。

なんかずれちゃって変だけどもういいやと適当にスタート。

なんかおかしな感じになってしまいましたが気になりません。

バイク中、豪雨と暴風

大雨です。

とんでもない土砂降りで目も開けられないようなタイミングも。

でもここまできたらもうただ転ばないように気をつけながら、

ペダルをこぎ続けるしかありません。

バイク32km通過時点でラストの旧空港の滑走路ストレート周回コースへ入るのですが

その1kmの山登りが、

めちゃめちゃ山登りです。

自転車をこぎ続けることが出来ず、思わず降りて歩きました。

空港の周回にはいるとほっと一息。

試合中の写真は、トライアスロンコーチの井ノ上さんの奥様が撮影してくれています。感謝です!

トイレを我慢し続けたラン

トイレマネージメントが大事なスポーツです。トライアスロンもマラソンも。

今回、スイム前に二回もトイレにいったのと、

スイムからバイクの導線にトイレがなかったのでなんとかなるかなーと走りはじめました。

そしてガクガクブルブルのレースだったこともあって

途中から「トイレ行きたいな」しか考えられず・・・。

しかし、ここまで我慢したなら、もう走りきりたいと思ってしまい。

あとラン10キロならなんとかなるだろう、と。

ところがどうしてもトイレに行きたくなってしまい、

海岸線を走ると、観光客用のトイレがいっぱいあるのです。

それを見る度に「よるか、はしるか。もうあと5kmか・・・。」

などを考え続け。

結局ラストまで走りきり、おわった直後にスタッフの方に

「トイレどこですか?」

と真っ先に確認しました。

素敵なコースで風光明媚だったのに、

どしゃぶり出し、トイレ行きたいし、

のダブルでほとんど記憶に残らないランでちょっともったいなかったな、と思った次第でした。

道具や計画が重要なトライアスロン

ウェアがつなぎなのがよくないんです。

上下セパレートタイプに買い換えればトイレが気楽に?かわらないか・・・。

そんなことも一つだし

今回、ランの走り出しに前太ももをつってしまって。

涼しかったので油断してエイドをしっかりとらなかったこと。

それから、靴の紐をほどいておくのをわすれたこと。

それをむりやり履こうとした事で、脚がつってしまって回復するまでじっとしていたこと。

トランジションで思わぬロスをつくってしまい。そんなことより、トイレにいくんだったとかいろいろ反省が残る。

バイクのコースもあんまり把握出来てなかったので、

坂を甘く見てたり、

まあでもその現場で味わうことも楽しみの一つではあるんです。

次は6月23日の徳之島ミドル初参戦。距離はおよそ二倍に。

ずっと登りだとも聞かされていて、1ヶ月しっかりトレーニングしていきたいと思います!