Googleカレンダーを手帳に書き写すのは無駄?

このタイトルは自問自答から始まりました。

まさに自分は一体何を何年もやっているのだろうかと。

これは無駄な作業なのではないか?

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

Googleカレンダーを見ながら返信する

まず、昔はよく電話で日程調整をしていました。

私はかけないんだけど、かかってきた電話で鈴木さん予定どこ空いてますか?と。

まあ、日程調整を早く終わらせたい、という気持ちはお互いよくわかります。メールの返信を待つよりその場で決めたいのでしょう。

この時に困ったことは、スマホで電話に出ると、Googleカレンダーが見れないのです。

なので、Macか手帳を開いて確認します。Macを開くことのほうが多いかも知れません。

メールで問い合わせが来たときは、MacでGmailを見ながら、iPadで予定を確認します。

紙の手帳、はほぼ不要です。

繰り返しの予定と、他人との共有において、デジタルカレンダー本領発揮

さらに、毎週の定例や、隔週、月一、何でもいいんですが

ある程度定期的な予定がある場合、子どもの習い事でも何でもです。

手書きの手帳では、繰り返しなどできません。全て手で書く必要ありです。

さらに、その手帳を家族でも同僚でも、他人に共有し招待したり、空き枠を表示したりが可能です。

これは、手帳ではほぼ不可能です。

デジタルカレンダーならではの機能であり、私が手帳を諦めてデジタルカレンダーをメインにした最大の原因でもあります。

紙の手帳が手放せないからしょうがなく手で写している

しかし、紙の手帳が手放せないのである。

今日何をするか、最終的に決めるのは紙の手帳上でだからである。

ただ私ももちろん、書き写すのがめんどくさく、これ何の意味があるんだろう、とよく思っている。

そこで、カンミ堂の1枚手帳という、Googleカレンダーを綺麗に印刷できるツールがあるのである。

これでたまに、Googleカレンダーを印刷して手帳に挟んだりして利用しているのだが、

これなら、書き写す必要はなく、また周りに書き込むこともできる。

しかしこの1枚手帳を使ってみた結果「紙の手帳に予定を書き写すとは何なのか」を改めて認識することができた。

Googleカレンダーはあくまで仮の予定、本当にやるかどうかを自分は手帳で決めている

他人との共有がGoogleカレンダーであり、また他人から招待された予定も入っている。

これは、あくまで社会との接点としてのカレンダーでしかなく、仮の予定であることに気がついた。

Googleカレンダーに載っているからと言って、

その通り、その日を過ごすかどうかは決めていなかった。

Googleカレンダーに載っている予定を、ボールペンでぐしゃぐしゃっと消して、

ゼロからもう一度考えたりする自分がいた。

これではめんどくさくてやりきれない。そこでもう一度、その週が白紙の手帳を開いて、

Googleカレンダーに載っている仮の予定の中から、

本当にやりたいことを、自分で必要な分だけ書き写して、他は捨ててしまうのである。

Googleカレンダーは予定の素材置き場でしかなく、本当の予定は手帳に書くときにプランニングしているのである。

Googleカレンダーの予定の奴隷にならないよう、プランニングする時間を持つのがおすすめです。

編集後記

手帳シーズンですね。

手帳たくさん売ってて、しかし周りには非手帳派も多く、誰が買ってるの?と思うこともしばしば。

a new thing a day

はじめての料理シリーズは結構ありだなと思いました。