独立時に仕事を受けすぎてしまう理由

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

独立して半年後2014年2月の写真。ワイシャツとか着てたんだなこの頃。

独立したてのフリーランスは基本的に仕事受けすぎる

これはほぼ100%当てはまるんじゃないかというくらいの定番な落とし穴だと思います。何度も同じようなことに触れてますが、仕事を引き受けすぎて、受注しすぎて納期・品質トラブルを招く。

絶対そうならないと決めたけど、なる。

10年前に独立した時、周りにフリーランスや小規模クリエイティブ社長の先輩が多かったのでこのジンクスは教わっていたし見ていたので意識しており「自分も絶対そうなる」だから減らそうと心に決めていた。「仕事がなくなる恐怖に打ち勝てず仕事を受けまくってしまう」そう思っていた。

しかしご祝儀発注含めオーバーフロー

そこまで気にしていても、月曜日から日曜日まで埋まるくらい案件を受注してしまい会社勤め時代より忙しくなってしまう。嬉しい悲鳴、というのが半分答えを含んでいる。独立時に仕事を受けすぎてしまうその理由は「恐怖ではなく欲」だった。独立して自分の売上がそのまま自分の収入に直結する(?わけじゃないんだけどね本当は。)のが嬉しくて、もったいなくて仕事が断れない。もう少し受けても10万円でも20万円ももらいたいと欲を出してしまうのだ。そして身を滅ぼしてしまうのだ。