休みの日に仕事をする人は儲かる

2023年9月、まだまだ暑い休日。
東京の街はどこも人でごった返しています。リベンジ消費の真っ最中だと思います。

週末、大森で配布イベントの手伝いをしてきましたが、出かける人がたくさんおりました。
そしてイベント遊びに来てくれた皆さんありがとうございました!

今、土日限定なら、どんな店をやっても儲かるんじゃないかと思えるほどです。そのくらい混んでいる。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

休みの日は書き入れ時

多くの会社勤めの人にとって、土日が休みである。つまり、土日は消費のために街に人が溢れることになる。

それに限らず、YouTubeでもなんでも、土日にまとめてみる人が多いだろう。

平日とバランスしてきてくれれば、お店のどれだけ人員配置が楽かと思うのだけれどそうもいかない。

可処分所得、可処分時間の多くを土日に使う人が多い。休みの日は人でごった返すことになるのである。

多くの人と逆の動きをする

多くの人が同じような動きをしてくれるおかげで、逆の動きが取れるようになる。

土日にたくさんの人が消費するのであれば、買ってもらうための仕事を土日にするのが効率がいい。

そして平日に多くの人が働いているのであれば
自分は、空いてる街で消費を済ませるのがいいのである。

時代が進んで逆になれば、(もはや逆とは何かよくわからないけれど)

その逆をすればいいのだろうと思う。

休みの日に仕事をするパターンは3種類

  1. 平日は働いて、休みの日も働く。
  2. 平日は休んで、休みの日に働く。
  3. その中間、平日ほどほど、休みの日もほどほど。

①日は働いて、休みの日も働くパターンは、

儲かると思いますが、倒れてしまうし、実際が平日のコストを回収できてない可能性もあります。

土日の売り上げで、平日の人件費を補填している場合も多いでしょう。

②平日は休んで、休みの日に働くパターンは、
効率がいいと思います。お客さんが来る時だけ働き、他は働かない。コストも最小に抑えられる。

場所代の固定費が無ければ、このパターンがいいと思います。

③その中間、平日ほどほど、休みの日もほどほどのパターンは、
私の働き方です。何事もトレーニングや準備運動が必要なので、

休日の試合だけだと、体の動かし方が足りなくなってしまうので、平日もほどほど動いて、試合に臨みます。

YouTube「働きすぎない仕事術」

YouTubeチャンネルをちょっとテコ入れしました。
チャンネル名もリニューアル。
テコ入れ企画会議の様子も配信中です。

これから、働きすぎない仕事術として、平日をどう楽しむか
暇な時間にどう耐えるのか、

などをお送りしていきたいと思います。

編集後記

日曜日の品川でもこんなに人がいるの!と驚いたのでした。

a new thing a day

ヒルトンプラザチャンネルのYouTubeで紹介されていたヘアエッセンスが届きました!