YouTube初心者のためのライバル・競合の見つけ方

郷に入っては郷に従えの言葉の通り、
YouTubeに入るならYouTubeに従え、
ということで、
YouTubeのニーズにあったコンテンツを作っていくことが肝要です。

しかし、どうやって参考にする競合やライバルを
見つけたらいいか皆目検討がつかない、
というのが本音ではないでしょうか。

私もそうでした。

そこで勉強し私も学んだ、
とりあえずこうすればいい、
ということをお伝えします。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

vid IQというChromeのエクステンションをインストールする

無料で使えます。https://vidiq.com/

インストールすると、YouTubeに勝手にこんな画面が追加されます。
ここでキーワード検索を繰り返しながら、

検索ボリューム、競合の状況などがスコア化され、動画のネタ選びに活用できます。

kamui trackerに登録する

こちらも無料で使えます。https://kamuitracker.com/

しかし登録すると自分の情報も筒抜けになるようですが、まあ隠すほどの情報もないということで。

キーワードの検索と再生数のボリュームを調査できます。ものすごく便利です。

ここでリサーチすると「フリーランス」は競合投稿が多すぎる。
そこで、「40歳」「仕事術」で動画作ったらいいのか、など検討できます。

同じようなチャンネルを見つける方法

とりあえず1000人の登録を目指すために、

1000人前後で同じようなテーマで、
半年から1年くらいの間に立ち上げたようなチャンネルを
探します。

YouTube検索で、探したいキーワードを入れても、人気動画ばかり出てきてしまいます。

そこでフィルターを使います。キーワード欄の右にフィルタがあります。

おすと、ポップアップウィンドウが開きます。

タイプを「チャンネル」を選択することで、チャンネルだけを検索することができます。

見つけたチャンネルをkamuitrackerのウォッチチャンネルに登録する

そこで見つけたライバルになりそうなチャンネルを、
kamuitrackerのウォッチチャンネルに登録します。

そうすることでそのチャンネルの、

登録の増減、

投稿頻度、

人気の動画

などを知ることができます。

勝手に励みにしながら、切磋琢磨できるという訳です。

1000人登録の道は遠い

1000人のYouTube登録って少なっ!と視聴者は思います。

しかし、やってみるとこれは果てしない遠い道のりなのだ、と理解します。

日本で1000人以上登録者のいるチャンネルは、全体の2割以下と言われます。それだけで2:8の法則の2割の方なのです。すごいです。

しかし、この苦労の道のり、面白いです。私もまだスタート地点ですが、ぜひこのブログを読んでいる初心者の皆さんも、YouTube投稿楽しんでいただければと思います。

編集後記

ちょっと風邪気味です。今週末村上トライアスロンなので、ここで乗り切って直してしまいたい!

a new thing a day

YouTube用にパリッとした衣装に変えようと思い、
ずっと欲しかった モンベルの出張先でシャワーで洗ってかけといたら朝着れる、

と噂のシャツ買ってみました。