こんな雪の夜には。

本当はこうしたいけど。

でもやっぱり・・・。

そんなこと考えてたんだ!とか言われたらどうしよう。

やっぱりやめておこう。

いやいや、そもそも、そう思っていたこと自体が勘違いで、嘘なんだ、

はじめからそんな風に自分は思ってなかったんだよ、

そんな風に考えるタイプじゃないからさ!

などなど言い訳を重ねて、

ひねくれは加速していく。

そうやって、

何が本当で、何が嘘か

わからないくらいにこねくり回して、

自分を納得させている。

そんなことってありますよね。

傷ついていないと言い張る

ショックなことがあって出来てしまった心の傷は、

自分で癒やそうとしない限りずっと直らない。

そのまま一度は忘れてしまう。

でも傷はそのまま残っていて、いろんな場面で痛む。

そういう時「私は傷ついてなどいない」と言い張る。

そんなことはなかった!と言い張ることさえある。

傷ついた悲しみをそのままほおっておくと、

それは怒りに置き換わったり、

諦めになって現れたり、

過剰なほどに何かを恐怖したり、

自分の行動をどんどんひねくれさせてしまう。

その傷をなかったことにするために、

正当化するために

まと外れな努力を繰り返したりする。

本当は傷ついていたんだ、っていう自分の告白を聞く

傷ついた自分の話を、自分で聞いてあげないといけない。

そして一緒に悲しんであげる。

悲しいことがあったのに

平気なふりをして、

きっと、もっと悲しかったよね。

大変だったよね。

と自分の肩を抱いてあげるのである。

雪の夜は静かで話した言葉を雪が吸ってくれるから。

だから自分の告白も誰にも聞かれない。

だからちょっとだけ素直になれるのです。