発信と厚かましさについて

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

厚かましく生きよう

 自分の中の検閲官が、概ね意地悪を言ってくるのです。

偉そうにブログを書く立場か?と。

または他にも仕事が山ほどあるのにブログを書いてる場合かと。

創作や発信を行うことには恐れがつきまとう。

私も日頃感じていますしなかなかブログを始めるに至れなかった理由もそこにあります。

誰も読んでなくたっていいじゃない

ちょっと何かを作りたい、と思った時に結果が気になる。

これは何の意味になるかと。

2019年よりサービスを提供しているKODAAMA!という声日記投稿サイトがある。

リニューアルに向けて準備しているが遅れている。

そのサービスでも毎朝投稿を続けている。

これを続けながら、誰かが聞いてくれるかどうか、などどうでもいいことだと気づくことができた。

もちろん聞いてくれてる人がいるのでそれは感謝しているが、本質的には視聴者がいようがいまいが、続けることが創作だと気づけた。

次のサービスではそこに重きを置いて、できるだけ簡単に声のライフログを続けられるサービスを考えている。