独立への道〜残業100時間から1日2時間しか働かないを目指して

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

今も、1日8時間くらい働いてるんです。

しかしそれは残業100時間から、

1日2時間しか働かない、

を一度達成し、

その後またやることを増やして

6〜8時間に戻した物語なのです。

それをメルマガで、

サラリーマン時代から独立にかけて物語っています。

今朝で10話目。

まだまだ続きます。メルマガ(無料)登録はこちら

独立のメリットは自由な「場所と時間」

何か再現性のあるメリットで、

1つだけあげるとしたら、

自由な場所と時間を作れることです。

時間と移動の采配が自由になる、そこだけ、なのではないか、とすら最近は思います。

でも、思い立って

栃木で仕事しても、草刈りしても大丈夫なのは、

サラリーマン時代には想像もできないことでした。

しかし、栃木で草刈りしても、

お金は儲かりはしないのだけれども・・・。

独立しても儲かるか儲からないかはわからない

儲かるか、儲からないか、

これはサラリーマンで事業やっていても同じです。

むしろ、自分が社長になると、自分の金でギャンブルをすることになるので、

保守的になって投資の思い切りが悪くなり、

コケやすいのでは、とすら感じる。

身銭を切って、投資できる強さは

誰でも持っているものではないからです。

独立しなくても自分の商売はできる、収入も増やせる

副業が大丈夫な時代なので、

商売を始めるだけなら、

従業員を続けながらでも

問題ないと思います。

むしろ、収入アップが最大の目的であれば、

従業員を続けながら、

土日の副業の方が、安定していいのではないかと思います。