アクセスが可能になる

この記事を書いた人

誰もが皆アーティストである。だから勇気を出してやってみようよ。毎日発信を続ける朝活YouTuber鈴木ひろおが2022年12月より毎日連載でお送りしています。

メルマガ 「40代男性、居場所がない人への処方箋」集中連載中!作家兼プロデューサー、絵描き兼カメラマン、ベーシスト兼ドラマー、フルマラソンランナーでトライアスリート。

目の前にあっても気づかない

自分にはなんの関係もないビルがあるとする。そして鍵のかかったドアがあって、鍵を持っていなかったとする。そうしたら素通りするだけですし気に留めることもないでしょう。そのビルは目の前にあるけれど自分にはアクセス不能なので、存在していないのと同じです。

アクセスできないことにも気づかない

そのビルにアクセスできないのだけれど、アクセスできないことについて考えることもない。これはビルに限らず、仕事、プロジェクト、趣味、遊び全てに置いていえる。目の前に並べられても気づくこともない。アクセス可能になるには準備が必要だ。

興味を持つとアクセス可能になる

そのきっかけはちょっとした興味である。例えば、友人の話だったり、テレビだったり、そのビルのことを聞くと、途端にビルが目に入る。営業時間外だと気づく。その後、ビルに入るかもしれない。興味を持つと、少しずつ情報が集まってアクセスが可能になってくる。