ゼログラの弱点を克服するモンベルのクリップオンサングラス。

ゼログラはエッジが際立ち過ぎた製品である。

最軽量を歌い、その代わりめがねのツルがたためない。

折りたためない眼鏡ってすごい。

私は起きてる間、基本的にかけっぱなしなので問題ないと思っていた。

しかし、眼鏡を掛け替えるタイミングが存在した。

それはサングラスをかけるときである。

それから出張や旅行に、あのデカいケースを持って行くのも辟易する。

でもそこを我慢すればいい製品だ。

レビューは前回の記事をご覧ください。

潔く捨てる戦略、ゼログラの問題点

ちょっとした外出のためにあのケースは持ち歩けない

カバンを持たないで、

ちょっとしたサコッシュや、上着のポケットに

スマホだけいれて、散歩にでかける。

初夏の陽気で、まぶしい日差し。

そこで、あの巨大な弁当箱のようなケースを持ち歩いて

サングラスを取り出す。

なんと、がっかりする体験だろうか。

勢い、サングラスを諦めた。もうまぶしくてもいいじゃん、と。

しかし、年々目は弱り、年をとっていくと

緑内障→白内障と進んでいく訳で、

やっぱり、ケアしたほうが良いわけです。

そこで、みつけたまさかの選択肢!

眼鏡の上からかけるサングラス

眼鏡市場に

「もう、ちょっと、正直なところ・・・・、やっぱり買い換えちゃおうかな。」

とケースの代用が無いか、そもそももっといい眼鏡は無いか、雑誌やお店で調べていた。

そんな時に「眼鏡の上に跳ね上げサングラスが合体した商品」を見かけて、

なんか面白い商品だな〜と見ていた。

ふと「ゼログラの上からつけれるサングラスってないの?」

と眼鏡市場のスタッフに聞いたら、

専用はないけど地下にちょっとだけ売ってますと言われて覗く。

クリップオンサングラスというジャンルにはじめて気づく。

眼鏡市場で2種類しか存在しなく、

試着も出来なかったので、いったんお礼を言い、店をでる。

そして検索して調べたところ、モンベルの偏光レンズのものが軽くて良い、

と書いてあって2200円。

これは、そのまま無駄にしてもいいな、と判断してモンベルへ歩き、モンベルでは形とカラーで計4つから選び、

まあとりあえずこれ買ってみるか、とラウンドタイプの茶色を購入。

普通のサングラスより荷物が軽くなる

私は眼鏡をずっとかけてるのでサングラスをかける場合は、外すわけです。

そうすると外した眼鏡をしまう必要が出てくる。

そこを、眼鏡をはずす必要が無いわけです。そのままサングラスを、眼鏡に乗せるだけだから。

荷物を増やす事も無く、

なんならサングラスもツルがない分軽いし、サングラスをかけてる間、眼鏡をポケットにしまう必要も無いので、

さらに快適である。

しかも、こういうのって多分、ダサい、から流行らないのだと思うのだけど、

かけてみた感じ、普通である。(自分的にはね・・・。)

自分の視界は普通のサングラスに比べるとちょっと劣るけれど、

十分及第点。ちょっとした散歩ならこれで大丈夫。

しっかり登山や、長く歩く時はこれまで通り

・コンタクト+スポーツグラス

または

・ゼログラのケース+度入りサングラス

そしてそこに今回、

ライトなその辺を歩くときは

・ゼログラ+クリップオンサングラス

という新しい選択肢が生まれたのである。