好きを仕事にしてはいけないのは怖いから

この記事を書いた人

誰もが皆アーティストである。だから勇気を出してやってみようよ。毎日発信を続ける朝活YouTuber鈴木ひろおが2022年12月より毎日連載でお送りしています。

メルマガ 「40代男性、居場所がない人への処方箋」集中連載中!作家兼プロデューサー、絵描き兼カメラマン、ベーシスト兼ドラマー、フルマラソンランナーでトライアスリート。

普通に考えて好きを仕事にした方がいいでしょう

「好きを仕事にしてはいけない」という人がたくさんいる。なのでこのタイトルにしたが、私は好きを仕事にした方がいいと思っている。まず請け仕事を前提とした話ですが、嫌な仕事ならおそらく断るでしょう。そして請け負うなら、どこかしら好きな箇所があるものだけにしたらいい。そしてやったことないけど惹かれた仕事もまたやってるうちに味わいがあり面白くなる。仕事を受注する際に多かれ少なかれ選り好みしているはずである。

自分からプロジェクトを始めるなら好きなこと以外ありえない

そして自費出資でプロジェクトを動かすなら、全て自分で始めるのだから好きなもの以外ありえない。しかしそれならどうして「好きを仕事にしてはいけない」と言うような事が言われるのか。

好きだったものが「失敗するかも」と言う恐怖に晒された時、嫌いになり蓋をしてしまう

失敗の恐怖、それと同じくらいの成功の恐怖、これらが私たちを立ち止まらせUターンさせる。好きなものに取り組む恐怖が「好きを仕事にしてはいけない」という発言を導き出す。私たちは変わらない凪の海を好むのだ。なので自分を癒し、変化する未来を恐れずに受け止めて、少しずつ前に進んでいくしかない。