ネタを明かさないのススメ

話好きなもので、

なんでも仕入れたネタを明かしたくなる。

気づいた知見を話したくなる。

もう一つは、プロデューサーなので、

企画のキモ、

何が面白いのか、

を会議で説明してみんなを説得するのも仕事である。

そんな訓練を受けている。

しかし本来、

自分から面白さのキモや、

ネタを明かすのは良くない。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

読んだ本を紹介する?

読んだ本を紹介したい欲求に駆られる。

なぜなら、面白かったからである。

面白かったものを人に勧めたくなるのは自然な衝動である。

しかし、

自分もブログを書き、

フィクションを書いていると、

どの道、その文章に現れるのだ。

だから説明する必要はない。

元ネタを明かされると、

自分が読者だとちょっと興醒めする瞬間がある。

なぜだろう。

元ネタ探しは読者のエンターテイメント

作家のエンターテイメントではないのだ。

このエピソードは、この演出は、

あれを下敷きにしているのかな?

など、読みながら想像するのが楽しい。

読み手の楽しみを奪わないでほしい、

ということである。

感動的なものに触れた時に、

ついついしゃべりたい、

そのまま紹介を書きたくなる気持ちを抑えて、

あくまで自分なりの

アウトプットに変えないといけない。