批評家、影のアーティストからの脱出

誰しも創作や表現をしたいと思っている。子どもの頃から創作や表現を楽しんできた人は多い。

創作に目的などなく、ただ作りたいから作るのが子どもの創作である。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

創造・表現の旅から降りる

年齢が上がるにつれ、他の優れたクリエイターの作品を見たり、親や教師からのフィードバックで封じ込められていく。

「アーティストになるのはほんの一握りだ」と繰り返し洗脳され創作・表現から遠ざかる。ということがよくある。自分もそうだった。

影のアーティスト=業界関係者

言い得て妙、影のアーティストという言葉がある。

自分が創作・発表することを諦めそれでも創作に憧れて、アーティスト達のバックアップにまわる人たち。

この人たちが業界関係者に多い。業界、というのは変な言葉だが、いわゆるマスコミや、エンタメ、クリエイティブ業界ならなんでも当てはまるとおもう。

そしてアーティストをバックアップしながら「どうしてこんな低レベルなアーティストが有名になれたんだろうか?」と見下しながら、おだて、宣伝プランを立てて、マネージメントして応援したりする。

解決策はただ創作し表現するだけ

「もう少し私があつかましければ、表舞台に立っていたのは自分かもしれないのに」

という思いを抱えながら仕事に対応する。

大きな恨みが溜まっていく。

その解決策は創作・表現することしかない。

グレートアーティストを目指す必要はなく、誰かを見返してやる必要もない。

ただ淡々と創作を続けることだけが、批評家、影のアーティストから自分を抜け出させる唯一の方法である。