穀雨、二十四節気6番目

いろんな菖蒲の花が見頃である。そろそろ藤も見頃ですね。

この記事を書いた人

誰もが皆アーティストである。だから勇気を出してやってみようよ。毎日発信を続ける朝活YouTuber鈴木ひろおが2022年12月より毎日連載でお送りしています。

メルマガ 「40代男性、居場所がない人への処方箋」集中連載中!作家兼プロデューサー、絵描き兼カメラマン、ベーシスト兼ドラマー、フルマラソンランナーでトライアスリート。

穀物への雨と書いて穀雨

2023年4月20日です。晩春を迎え温度が安定してくる。そして穀物を潤わせる春雨が降る。種まきの時期とも言われる穀雨です。

散歩が気持ちいい

晩春から立夏にかけて、一番楽しみにしているレジャーは散歩です。河川敷でも山でも森でも公園でも通勤の途中のアスファルトの隙間からでも、生命エネルギーを感じながら歩くことができる。

歩くことが毒素を排出する

忙しくて気持ちが落ち着かない、完璧を目指してできない自分を責めてしまう、そんな気持ちのジェットコースターの春の気持ちに散歩が有用である。リズムよく歩きながらネガティブなことを考えるのは難しい。次第に毒素が抜けて、だんだん何も考えられなくなる。無心になって大きな自然の一部になって体にエネルギーが満ちてくる。