いろんな顔があっていい

春になると言うことは一度死んで新しい命になると言うことでもある。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

人格に一貫性が求められる

一つの人格、一つの顔、一つの名前で生きるのが正しくかっこいいと思われている。SNSを裏垢で始める、匿名のアカウントを持つというのも、本来1つの人格でやるべきという前提によって生じる問題である。裏垢で過激なことを言う人も増えるし、結果より息苦しい社会を作り出していると思う。

所属するコミュニティによって別の顔でいい

仕事場と家庭で全くの別人でも構わないし、趣味のサークルに入ったらはっちゃけてわがままな人になってもいいし、新しいところではおしとやかに新人になってもいい。普段会社で偉かろうが、どこかにボランティアやバイトに行けば使えない新人になってヘコヘコするのも一興である。

自分の新しい顔を知る

自分はこういう人間だ、と言うのは基本的に思い込みであり、勘違いである。そしてどこかに行ってしまいたいと思う気持ちも、一貫した自分から逸脱して変身したい願望でもある。