その目標は本当にあなたの目標ですか?誰かに目標を持たされるリスク

この記事を書いた人

誰もが皆アーティストである。だから勇気を出してやってみようよ。毎日発信を続ける朝活YouTuber鈴木ひろおが2022年12月より毎日連載でお送りしています。

メルマガ 「40代男性、居場所がない人への処方箋」集中連載中!作家兼プロデューサー、絵描き兼カメラマン、ベーシスト兼ドラマー、フルマラソンランナーでトライアスリート。

2023年1月1日(日)元旦は今年の目標を決めるのに最適

1月1日はやる気が溢れている。

そんなやる気に冷ややかに接しないで素直に喜こぶにのがいい。

ついでに目標をえいや!と決めてしまうことはいいことである。

しかし

間違えられた目標

「人生に企画を取り入れるとワクワクする」がこのブログのテーマである。

その「企画」の代表格が「目標」であろう。

しかし目標について考え、

実現に向け取り組むときに苦しくなることがある。

実はこれは、建てた目標が合ってないということだ。

どうせなら、毎日ワクワクする目標を立てた方がいい。しっくりこない目標は私の目標ではなく、

誰かの目標と間違えられたのだ。

または誰かに、間違った目標を背負わされたのである。

プロセス重視で目標を達成する

もう一つ、目標を達成したら幸せになるのではなく、取り組んでいる時から楽しい、プロセス重視が、真の目標設定である。