友達に届けてみよう|2023年10月の振り返りと人気記事【月報】

月初に月次の振り返りをすることが肝要である。しかし言うは易し行うは難し。自分も10年間、実施できたのは半分以下であろう。そこを反省し、これからブログ記事にすればきっと続けられるはず、と思い立ち月報コーナーである。

週報は毎週月曜日にメルマガでお送りしています。セキララなメルマガ、登場人物多数、本人からのコメントも登場の面白無料メルマガ、ぜひ登録お願いします。https://forms.gle/wT6DPrghKBQv8CuJ6

10月の所感、出来事

11月26日の富士山マラソンに向けて100kmは走りたかったが、結論84.7km。もうちょっとじゃんかな〜と反省。毎週(水)に10kランを取り入れたが、開始が遅かった。ベアフットの考え方を知り、取り入れた。これはなんか将来の健康に繋がりそうな気がする。

9月19日からYouTubeをロケに切り替えた。10月はロケで通せた。よかった。

子どもの秋休みもあり福島ハワイアンズ、毎月の大阪ロケ出張、奥能登国際芸術祭と、毎週のように旅が入るので、ルーティンを維持するのが大変な月でもあった。

もっと簡素に、もっとスピーディにしていく必要がある。5時起きが基本だったのだが、4時台の起床日が増えた。朝の時間が貴重である。だんだん早くなる。

iPhone15proが届いて、楽器も買い替えた。設備投資をした10月でもあった。

子どものバースデーもあり、いくらを作ったり、パイナップルジュースを作ったり、いろんな遊びをした。

10月は多くの人にあった、そういう例大祭的な、1年の実りを喜ぶ、そう言う季節なんだろうと思った。

10月の変化

新幹線移動のためになんとなく買った今井孝さんの本に感動し、そこから何冊かよく読んだ。セールスに関する考え方が180度近く転換された。もっと身近な人の役にたつ商品を提供していこう、と思ったのはいいきっかけであった。

10周年のお祝いをしてもらったが、その時はまあまあアルコールを楽しく飲んだ。それ以外にも、合計で4回、10月中にアルコールを飲んだ。ノンアルでの暮らしはほぼ板についた。このお祝いの時だけ飲む人生で後半は行こうかなと思えた。

10月のアクセスベスト3はこの3本

  1. 圧がある人とはどんな人か
  2. 鈴木Pのやってみようよ
  3. 保育を外注してお金を稼ぐか、自分が保育をして売り上げを減らすか

9月のベスト3はこちら

  1. 「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い
  2. 30代に「やってよかった」「やらずに後悔した」3つのこと
  3. 休みの日に仕事をする人は儲かる

2022年12月〜2023年8月31日までの合計の人気記事上位

  1. 43歳の普通のおじさんがはじめてのトライアスロンのオリンピックディスタンスを完走するのはどのくらい大変だったか
  2. 人生の目的、生きる意味とは何か
  3. 簡単で早くて便利なインスタントへの依存、そしてポルノ中毒
  4. 42日間の夏休みをとる
  5. リアルに会ってフォローしてもらうくらいでちょうどいい

編集後記

続けるコツは、ルーティンにいかに組み込むか、ですね。ほんと。

a new thing a day

ビーチサンダルで寒くないのは、最近あったかいからか、ベアフットトレーニングをしているからから。