朝活YouTubeLiveのアンケートおねがいします

全員「クリエイティブなこと」やってみようよ

「そういうクリエイティブなことは、デザイナーやクリエイター達に任せておけばいいのよ」

という人は、ビジネスの現場で多いのではないでしょうか。

「私達は、素人なんでそういうの全然分からないんで。プロにお任せします。」

こういう発言もよく出るのではないでしょうか?

例えば、チラシ制作やホームページ作成の現場、動画撮影の現場、本当はなんでもあなたが出来ます!

文書や表を作る以外のビジュアル、音、映像、

これらのものはクリエイターが作るもので自分には関係無い、

と思っているビジネスマンが多いです。

そこには、苦手意識もあれば、プロへのリスペクトもある。

しかし私は声を大にして「全員自分でやったほうがいい」と思っている。

プロという隠れ蓑を羽織った「影のアーティスト」と言うのが存在するからだ。

彼らを遠ざけるためにも、

自分でやってみることをおすすめする。

ほんと、簡単に自分で出来ますから。

影のアーティストはこちらの記事を参考にしてください。

批評家、影のアーティストからの脱出

とりあえず騙されたと思ってCANVAを使ってみれば良い

右も左も分からなくても、

とりあえずCANVAへアクセスし、ユーザー登録して、

あとはそこにある素敵なテンプレートを元に、

自分のインスタグラムのバナーでも1個作ってみれば、

簡単にハイクオリティなものが作れて

「今までデザイナーに頼んで待たされて、且つそれなりに金額も払って、しかも面倒くさそうにされてたのは何だったのだ?」

と思うに違いない。

そんな簡単な事なのに、

影のデザイナーは「は〜っ、めんどくさい。こんな安い仕事で、しかも誰でも出来る仕事を俺に振りやがって」みたいな

顔で引き受けていたのである。

そんな影のアーティストには天誅が加わるであろうことは想像に難くない。

そんなデザイナーは自然淘汰で絶滅してしまうのである。

そう、CANVAがあればね。

iMovieならあなたでもできます!

私はプロフェッショナルを名乗っているので、

さすがにFinalCutProとPremiereを利用しています。

これも必要に駆られてと言うか、そのソフトを使わないと出来ない形式の書き出しや、

編集が楽になるツールがあるからです。

もし、そうで無いなら!

ほとんどiMovieで出来ます。

Macに無料で付いてます。

iPhoneにも付いてるけど、さすがにきついです。

iPadなら余裕です。私はiPadだけで編集して書き出しまで完結して納品した経験あります。

つまり、誰でもできます。

これで、専門用語ばっかり言って目くらましして、

それでいてなかなか日程の返信もよこさないような

影の映像クリエイターと付き合わなくてすみます。

写真だってカメラマンなんて呼ばないで自分で撮れば良い

欲しいカット、何がしっかりと写っていて何を伝えたいか?

それは企画者に中にしかありません。

それをカメラマンに伝えて、カメラマンが撮ってくれる訳だけれど。

結局、企画者である自分の中に、写真の仕上がりのイメージが必要な訳で、それなら自分で撮ったほうが早いです。

iPhoneで十分撮れます。

iPhoneで撮れる写真のレベルをどんどん上げていって、

カメラも買って毎回撮って、

それでも足りない、という時にプロカメラマンのセンスと技術が必要になります。

でも、その時に

「ん?カメラマンわざわざ呼んだけど、もしかして私が撮った方がマシ?」

というような事が頻発します。

そうです。カメラマンに撮るべき写真を伝えるのは難しいのです。

相手が影のカメラマンだったら尚更そうです。

「なんか、小さな仕事引き受けちゃったな〜。俺も早くファッションとかイケてる仕事こねえかな〜」

なんて心の中で馬鹿にしている影のカメラマンに、

まともなヒアリング能力があるわけが無いのです。

影のアーティスト達につけいる隙を与えないために

それは、あなた自信が本物のアーティストになって、

作ること、創作、クリエイティブと呼ばれるようなジャンルを、

自分でやってみることです。

そして本当のアーティストになることは、ものすごく簡単です。

むしろ、まったくやってない人がなる方が楽です。

一度影のアーティストになってしまってから、

アーティストに戻る事の方がハードルが高いです。

なぜならアーティストとは、

「創ることそのものを楽しめる人」の事だからです。