えーと、そうだなー、なんか、一旦、考えてみると、かなり、みんなも「結構」みたいな副詞の使いすぎ。そうなんだけれど、そもそも、見直す時かもしれない。なるほどね。

<写真はかなりよく見えた、小仏からの富士山である。>

このタイトルのとおりである。

副詞、形容詞、接続詞の使いすぎ。

私の話は、なんだかわからない時があるのである。

後輩からの今週の週報が届いて

「自分の話し方には事実を分かりにくくしてしまう言葉が多い。「一旦」「かなり」「結構」「もっと」「みんな」」

と書いてあって。

「あ。これもしかして先輩である、私の性では?」

と反省したのである。

しかも、当たり前なことだが口癖が結構かぶっている。

鈴木ひろお 連載一覧

毎日連載 ブログ / YouTube / イラスト / メルマガ(平日

有料コンテンツ 電子書籍 / 動画セミナー

YouTubeから文字起こししても書籍にならない

井ノ上陽一さんに教わったメソッドで、動画セミナーでしゃべってAIで自動文字起こし。

それを元に書籍を書こうというもの。

これに挑戦しているが、自分のしゃべった文字が使いにくくて途中で頓挫。

聞いてるとそんなに意味がわからなくもない・・・。?

自分のYouTubeを見ていても、

そんなにまったく意味がわからない訳ではない。

これは、雰囲気である。

表情や身振り手振り、リズムと抑揚、

そういったもので説得力を出しているのである。

話のテーマと、内容もしっかりと伝えてるものもある。

だから音で聞いていても、映像で見ていても通じてはいる。

しかし文字で読むと意味がわからない。

その原因は

しゃべり出しの副詞や慣用句、

代名詞と接続詞でどこにかかってるかわからない箇所が多いこと。

それにより読んでもなんだかわからないのである。

一旦、結構。逆に?まあ、かなり、なんか、などの副詞が最頻出!

どうしてそうなってしまうのかの理由を探る。

1つは、

サービス精神旺盛の八方美人なので話を盛りたがるからである。

大げさに言いたい、だから副詞が大好きなのだ。

たいして「かなり」じゃなくても多用してしまう。

昔は「変な」もランクインしていた。

変な=ちょっと風変わりで面白い、というニュアンスを自分は持っているが、

人によっては馬鹿にされたと思うだろうし、誤解を招く言葉のチョイスなので封印した。

また「一旦」って何なのか?

一体、何が逆なのか!

結構、かなり、使い過ぎ、

このあたりは業界人あるあるで「バタバタしてる」と同じように疑問なく使ってるのではないでしょうか。

しかし、これらの副詞も耳で聞いてる分にはギリギリ伝わっている。

目で読むと意味がわからない。

これはどういうことなのでしょう?

しゃべり出しの副詞は、トークの呼吸、リズムを整えているのである

呼吸と口の滑りを整えているのである。

いきなり本題からしゃべり出すのは難しい。

まずウォーミングアップで、次の言葉が滑りだすための準備なのである。

だから聞いてる人は、呼吸の間だと思って、

その言葉を無視できるのである。

文字で見ると、そこが均等に目に入ってくるので

話が見えないのである。

それがしゃべりと文字の違いだろう。

会話はトーンと表情が優先されているから言葉が変でも伝わることも

もう一つは、いっしょに会話している時、内容よりも会話のトーンや表情で気持ちや感情を相手に伝えているのである。

そうなると、言葉の文字上の意味とは関係ないメッセージを伝えることになる。

字面見ると、同じ「馬鹿」だったとしても。

愛しあう二人が戯れながら「馬鹿」とささやくのと、

大騒ぎするしょうもない人達をさして「馬鹿」と言うのでは

伝えるメッセージは全然違うのである。

しかし描写しない限り、字面は同じである。

やっぱり減らしていきたい

とはいえ(前の段を受けての接続詞)

話がわかりにくいのは確かであり、口数が多い人という印象も免れない。

聞き手も、意味の薄いことばを連発されてもきついだろう。

しっかりと内容のある言葉を選んで伝えていきたいものである。

精進します!